こんばんは

 

スーパージェットファイバーの有美工房です

 

蒸し暑い日が続きます

 

皆様、ご自愛ください(^^)v

 

馬場建築設計室プロデュース、テシマ建築施工の

 

八女市 平田様邸

 

システムバス スペースの先行断熱工事(セルローズ充填)

 

それと、屋根の一部、本日より

 

進めてます

 

110521_152028.jpg

 

屋根面にセルローズファイバーを充填しています

 

「きちんと入ったかどうか、わかりますか?」  よく聞かれます

 

答えは  「わかります!」 そしてチェックも勿論

 

DSC_0093.jpg

 

密度のばらつきや、充填ミスは致命的です

 

高断熱施工になればなるほど、断熱欠損部位に

 

ヒートブリッジ(外気と内気のかけ橋)ができ

 

ここが、いわゆる欠陥住宅の素とされる

 

結露を発生させてしまうわけです

 

特に、熱伝導率の良い金物の接合点だった場合…

 

結果は悲惨です

 

DSC_0095.jpg

 

世間には、幾多の断熱の補助材が存在します

 

正確に言えば、断熱性がもっとも高いとされるのは

 

空気! それも対流によって動かない空気と定義されます

 

この動かない空気をつくるための物が

 

一般的に  断熱材  と言われています

 

沢山あります  グラスウールを始めとし

 

ロックウール・ 羊毛・ ウレタン

 

キシレンやエチレンを高熱で成形する極めて性能のよいもの

 

そして、私どもがお世話になっている天然木質系繊維(セルローズファイバー

 

なぜ、こんなに沢山???

 

それはニーズがあるからです

 

「好きだから」

 

「安心できるから」

 

理由はさまざまです

 

どれが良いとも言えません…どのメーカー様も一生懸命!!

 

一流のものを世に送り出しました

 

しかし使う側に甲乙存在しているのも事実といえるでしょう

 

断熱は素材よりも施工と言えるでしょう