ヒヤリングに打合せ、そして棟上げから現在に至るまで
オーナーの輝きに衰えが無い…
まるで我が子を育てるように時が流れる…

それほどまでに愛してもらえる家を手がけさせてもらえる…
ありがたいことです。

私たちがこれからやることは…そんな愛される家に息吹を吹き込んでいくこと…
煽りすぎず、走らず急がず
命を与えるように正しく創ること…